**立川家のステキな物語**
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 13年振りの... | main |
IGS
私がドイツに住んでいたのは、小学校3年生から中学校2年生まで。

ドイツでは小1〜小4までいわゆる小学校に通い、小5からはその上の学校に進学する。

それぞれ、中卒、高卒、大学進学するかを選んで学校を決めるのだ。

今でこそドイツ全土にあるIGS(総合学校)だが、当時は私の住んでいた

ドイツ最北の州にしかなかった。

まぁ、要するに3種類の学校が一緒になっているので、生徒の数が半端ない!!

かなり大きい学校だったのだ。


これは校舎のほんの一部分。

中はゴチャゴチャしているのだけど、実はこの絵は卒業生達の作品。


卒業制作で学校のどこかに毎年増えて行くのだ。


ちなみに、これは私たちの年代の卒業制作。


段々、場所が無くなって外に建っていた。

食堂...

バカでかい!!


写真には写っていないが、左手には演劇部が使う劇場がある。


先生達の写真。

ちなみに当時の担任の先生に偶然遭遇。

下の段、右から2番目が先生。

実際はこの3倍くらいの先生がいる。


なにコレ??って感じですが、当時私が使っていたロッカー。

2000個くらいのロッカーがワンフロアにずらーっと並んでいるから圧巻。

あと、これは誰に話しても信じてもらえなかったけど、当時はこの一角に

昼休み限定のディスコルームがあった。

今回行った時は残念ながら無くなっていたが、ちゃんとDJブースがあって

暗くて、ミラーボールもあった。

1時間の昼休みにみんなでそこに遊びにいくのが結構楽しみだったりして...

さすがはテクノ・クラブ大国ドイツ!!って本気で思いましたわ。

他にも、卓球場があったり、ゲーム室があったりと結構学校内で

楽しめてたんだなぁと実感。

前回のブログで登場した親友のSilkeとAnniもこの学校で知り合った友達。

思春期真っただ中の時を過ごしたこの場所を見ることができて、

本当に懐かしかったし、思い出が沢山甦ってきた。

今年の9月には学校の40周年記念大同窓会が開かれる模様。

行けたらいいなぁとしみじみ思う今日この頃です...。













スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://tomomado.jugem.jp/trackback/87
TRACKBACK